ビジネスローン情報局

更新日時 タイトル 序文
2017.03.13 ビジネスローンの概要・特徴 ビジネスローンとは、中小企業を対象とした無担保事業者ローンのひとつです。審査がスピーディで、中には1日で審査が完了して融資を受けることが可能な商品もあります。また、無担保、第三者連帯保証人の必要がないというメリットがあるので、緊急を要する事業資金が必要な場合に重宝するシステムといえます。さらに融資の最大上限額は5000万円以内、返済期間は1年以内と短期間となる場合が多いのですが、最長で5年以内と設定されているビジネスローンなどもある点が最大の特徴です。 詳細≫
2015.03.09 ビジネスローンの基礎知識 資金繰りに困ったとき、すぐに役立つビジネスローン。上手に使えば、頼れるビジネスパートナーともなります。まずは特徴を理解して、ビジネスシーンに役立てましょう。 詳細≫
2019.09.12 ビジネスローンのメリット スピーディな審査 事業主が事業資金の調達を行う際、スピードが重要になってくるケースが多くあります。銀行融資や公的融資などは低金利という点では非常に魅力的なのですが、審査期間がとても長く、場合によっては数ヶ月かかってしまうケースもあり資金繰り面でのリスクともいえます。その点ビジネスローンは融資までに必要な審査日数は変わりますが、早いものであれば審査回答まで最短60分で可能というものもあるので、ローンを利用したいと考えている方には心強い味方といえます。 詳細≫
2019.09.12 ビジネスローンのメリット 無担保融資の利点 会社の経営者であれば「できることなら担保は取られない方がよい」と誰しもが考えるハズです。ビジネスローンが無担保である理由は、低金利の銀行融資よりも金利を高く設定している点にあります。仮に融資した企業が貸し倒れをおこした場合でも、金利を高く設定していれば無担保で融資しても損をしないという考え方がベースとなったサービスがビジネスローンなのです。このことから、法人の経営者にとっては「無担保」というメリットと「金利が高い」というデメリットを認識しておくことが大事です。 詳細≫
2019.09.12 ビジネスローンのメリット 第三者連帯保証人が不要 中小企業の事業主が金融機関から借入れを行う際は、保証人について頭を悩ますことがあります。ビジネスローンの場合、法人であれば経営者以外の第三者の保証人は不要ですが「会社の代表者の個人連帯保証」は必要になります。これは会社が倒産するなど返済が不可能な状況になってしまった場合にも、返済義務は事業者本人となるため、事業者以外の誰かに迷惑がかからないようになっているのです。ビジネスローンは、第三者連帯保証人になってくれる人を探す時間や手間をなくし、迅速に審査の申し込みができるようにしているのです。 詳細≫
2019.09.12 ビジネスローンのメリット 事業計画書や返済計画書も不要 通常であれば銀行から融資を受ける場合は、事業計画書の提出が必須となります。しかし銀行系カードローンであれば事業計画書などが不要となり、手間と時間をかけずに資金調達をすることが可能となります。ビジネスローンも一般的には計画書が必要ありませんが、実際に融資を受けるのであれば、できるだけ事業計画書や返済計画書を作成することをおすすめします。書式や形式は自由で構いません。計画書を作成することで見込み違いや問題点を把握できるとともに、融資後の失敗を防ぐ事にもつながります。 詳細≫
2019.09.13 ビジネスローンのメリット ネット上で手続き可能! 現在、ビジネスローンは来店不要で契約まで完了するところが増えてきています。インターネット上での手続きと必要となる書類の郵送だけで契約が完了し、特に問題がなければ即融資が可能になるという、事業者にとってはありがたいものです。ただし、事業者向けの融資専門の金融機関などの場合は、面談を行った上で審査をするという場合もあるので注意しましょう。申し込みをする前に、そのビジネスローンの詳細を確認しておくようにしましょう。 詳細≫
2019.10.02 ビジネスローンのデメリット 銀行系に比べて金利が高い ビジネスローンの一番のデメリットといえば、やはり一般の銀行融資に比べると金利は高いというところです。実質年率は、約10~18%と決して低い金利とはいえません。金利が高いということは、総合的に考えると返済額が大きくなるということになるので、融資額が多くなればなるほど返済にかかる負担が増えるといった状況が生まれます。
ビジネスローンは審査もゆるく無担保で、保証人も不要という手軽さが魅力なのですが、融資会社からすればできるだけリスクを軽減させたいという考えから金利を高く設定しているのです。
詳細≫
2019.10.02 ビジネスローンを選ぶときのポイント 金利はどれくらい? 過去にはグレーゾーン金利といったものが存在していましたが、法定金利で制約された現在では、ビジネスローンの会社による金利の差はあまりなく、法定金利は借入れが10万円未満の場合は20%、10万円から100万円未満は18%、100万円を超える場合は15%までと定められています。なお、実際の金利は「申込人の信用度」によって変わってきますので、申し込み時点では金利が何%になるかは全くわかりません。 詳細≫
2019.10.31 ビジネスローンを選ぶときのポイント 融資されたお金の使途は原則自由? ビジネスローンの融資を受けた場合、原則的に「使い道は自由」です。個人事業主の場合であれば事業資金として利用するのはもちろん、個人の生活資金として使うのも自由ですし、融資されたお金で海外旅行に行ったとしても問題ないのです。しかし、法人の場合は「法人に対して融資」をしているため、経営者が個人として生活費に使ったりすることはできないことになっています。ビジネスローンを利用する際には「使途」を制限なし(自由)か、事業性資金限定にするかしっかりと判断する必要があります。 詳細≫
2019.10.31 ビジネスローンの豆知識 融資に対する返済について 情報技術が進化したことで融資の簡素化も進み、現在では資金繰りが非常に簡単にできるようになりました。ビジネスローンを扱う消費者金融会社と金銭消費貸借契約を締結する場合には、融資された金額に利子が加えられた金銭の返還義務を同時に負うことになります。簡単に「借金」ができるため、つい融資額が増えていき多重債務の危機に陥ってしまったという人もたくさんいますので、融資を受ける際は計画性をもって臨むこと、これを肝に銘じることが大事です。 詳細≫
融資、割引のご相談も エスワイシーへ! ビジネスローンをメールで相談・申し込み お電話で相談・申し込み FAXで申し込み
反社会的勢力による被害防止の基本方針 当社の個人情報保護 エスワイシーを語った詐欺にご注意ください
日本貸金業協会
ページトップへ戻る