ビジネスローンのススメ

ビジネスローンのご利用にあたって

ビジネスローンを申込む際には慎重に行わなければなりません。 融資を利用しなくても運転資金が間に合うかもしれないからです。
必要性を感じた場合は、具体的な計画をたて「何にいくら必要なのか?」「返済計画はどのようになっているのか?」をしっかり準備して調達しなければなりません。

事業計画書の作成、見直し

中小規模の企業ですと、わざわざ事業計画書を作って会社を経営している代表者様はそう多くはありません。しかしビジネスローンを受ける際には事業計画書を作成してみることをおすすめします。
書式や形式にとらわれる必要はありません、自分で作りやすい形式で用意することが大切です。形にすることで見込み違いや問題点が発見できるかもしれません。

3ヶ月先までの入出金の把握

少なくても3ヶ月先まで入出金の予定は立てておきます。そうすることでどの程度の時期に資金が不足するか見当がつきます。
その次に支払う優先順位を決定します。経営体制にもよりますが、通常は給与、税金関係、返済関係が優先されます。社会的信用に関わる点と支払いが遅れることによって損失が発生するものが優先されます。次に関係性を悪化させることのできない、取引先への支払いなどが重要視されます。取引先との関係はデータに書き残すことは難しいかもしれません、以前の貸し借りや取引上譲歩した条件面なども視野に入れて交渉できる企業の支払いを調整するようにします。ビジネスにはどうしても波があります、その中で少しでもスムーズに事が運ぶように見通しを立てましょう。

公的金融機関の利用

公的金融機関にて融資を受ける際には準備期間が必要です。申込みから1~2ヶ月位はかかる見込みでいてください。そのためキャッシュフローが悪化するよりも前に申し込みを行う必要があります。
公的金融機関として代表されるのは日本政策金融公庫と保証協会を利用する制度融資です。日本政策金融公庫に関しては詳しい情報は下記のサイトにてご確認ください。

日本政策金融公庫http://www.jfc.go.jp/

保証協会を利用する制度融資の場合、あらかじめ、信用保証料が別途発生しますので事前にお客様のほうで用意する必要があります。信用保証料の決まる基準はお客様により変動しますので、詳しい情報は全国信用保証協会連合会にてご覧ください。

一般社団法人 全国信用保証協会連合会http://www.zenshinhoren.or.jp/

上記の金融機関で難しい場合はノンバンクを利用することも可能です。
ノンバンクの場合、貸出金利はともかく申込から融資実行までの速さがなんといっても魅力的です。
融資先を選ぶ際にはそれぞれの特長をしっかりとらえて相性の良いノンバンクを利用されることをおすすめいたします。

融資、割引のご相談も エスワイシーへ! ビジネスローンをメールで相談・申し込み お電話で相談・申し込み FAXで申し込み
反社会的勢力による被害防止の基本方針 当社の個人情報保護 エスワイシーを語った詐欺にご注意ください
日本貸金業協会
ページトップへ戻る